地域の見どころや特産品情報満載!ふるさとにふらっと行きたくなるようなサイトです。

ワークショップ大鰐

柔らかく甘みの強い長ネギを育てています。ラーメンチェーン店幸楽苑様と協力して、循環型リサイクルシステムを構築しています。

障害福祉サービス事業所「ワークショップ大鰐」では、平成20年から事業の1つとして農業を取り入れ、平成21年から長ネギの生産に取り組んでいます。平成24年には、ラーメンチェーン店株式会社 幸楽苑様の食品リサイクルの取組で津軽地区の実証モデル地区となったことがきっかけで、長ネギを具材に使用してもらい、『「食品残さ」を利用した堆肥を活用して長ネギの生産をする』という循環型リサイクルシステムを構築しています。

柔らかく甘みの強い長ネギ

img_workshop_001

「ワークショップ大鰐」にはネギ畑が2か所にあり、平成24年には3.8トンだった出荷量が、平成25年には5トンに伸びました。平成26年は、合計55 アールの畑で、出荷量は6〜8トンの出荷を目標にしています。

長ネギは、4月後半に種まきを行い、9月上旬から収穫の作業を行います。品種は「夏扇パワー」「夏扇4号」「ホワイトスター」の3品種を栽培しています。柔らかく甘みの強い品種が中心です。

ラーメンチェーン店 幸楽苑様の「食品残さ」を利用した堆肥はもちろんのこと、もみ殻も堆肥として利用しています。土に混ぜることで土が軟らかくなり、透水性も高まります。農薬も必要最低限にとどめるようにし、気づいた雑草は、自分たちで抜いています。

収穫時は、長ネギが途中で折れないように、気を付けて抜いていきます。収穫した長ネギは、車に積み込み「ワークショップ大鰐」の施設内にある、 作業場へ運びます。そこで、根っこを切り、土のついた部分を手作業で取り除き、仕上げにエアーできれいに仕上げます。その後、上の部分を切ってきれいに整え、サイズごとに分けて選別し、出荷しています。

チャレンジド・ショップ運営協議会に関する取り組み

img_workshop_002

平成22年から平成25年まで、県の事業を活用した「チャレンジド・ショップ運営協議会」を弘前市内などの就労支援施設とともに立ち上げました。現在は、協議会メンバーの就労支援施設で生産した商品を注文に応じて取り寄せて販売する仕組みができています。

大鰐町の日帰り入浴施設「鰐come」では、長ネギの他、チャレンジド・ショップ協議会のメンバーの手作り豆腐 (もめん・きぬ)も販売し、好評を得ています。

お問い合わせ先

社会福祉法人 阿闍羅会 ワークショップ大鰐

住所青森県南津軽郡大鰐町大字虹貝字篠塚33-11 Google マップで見る
TEL0172-48-3662
創業平成16年
HPhttp://ajarakai.jp/

青森県 大鰐町はふらっと ふるさとに参加しております。
お店や商品情報を掲載したい方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

運営会社セブンネット株式会社

TEL:03-5338-7727受付時間 10:00~18:00(土日祝定休)