地域の見どころや特産品情報満載!ふるさとにふらっと行きたくなるようなサイトです。

佐々木桂月堂

昔ながらの製法を守り、大鰐温泉定番のお土産品「あ志゛ゃら餅(あじゃらもち)」を作っています。高松宮殿下も好まれた逸品です。

大鰐温泉のお土産といえば、佐々木桂月堂のあ志゛ゃら餅は古くから町民と観光客に親しまれている大鰐温泉定番のお土産品です。踏み入れた瞬間から、その歴史を肌で感じることができます。

昔ながらの製法を守るあ志゛ゃら餅

img_keigetsudo_001

店主は、佐々木欣江さんです。ご主人が13年前に亡くなられてから、欣江さんおひとりで作業をされています。ご主人は、昔ながらの職人気質で創業以来の作り方を守り続けていました。

更に仕込みの日の気温や湿度によってお餅の柔らかさや粘り気に差がでるのを嫌い、それを微妙な材料の配合の仕方や技術でいつでも同じ美味しさの商品をお客様に提供できるよう、日々努力されていました。その姿を見ていた欣江さんも、同じように材料の配合には気を付けています。
長雨が続いたりして思うような仕上がりにならなかった商品は、泣く泣く捨ててしまった事もありました。その商品に対する愛情が、今も昔も変わらないあ志゛ゃら餅の美味しさを支えています。

佐々木桂月堂のあ志 ゃら餅は、柔らかい餅生地にたっぷりのくるみを使った餅菓子です。表面についているのは、オブラート粉です。
「なるべく添加物や防腐剤などを使用しないで、お客様にお届けしたい・・・」という思いから、 でんぷんで作られたオブラート粉を使用しています。 パッケージも新しいものに替えておしゃれにしてはどうかと考えた時期もあったそうですが、「やっぱり昔ながらのこのパッケージには愛着があってどうしても替えることができなかった・・・」と欣江さんは懐かしむような表情で語ります。

高松宮殿下も好まれた味

img_keigetsudo_002

以前は民宿も経営し、スキー場へ行くお客様でお店の前もとても賑わっていました。昭和31年の国体開会式にいらっしゃった高松宮殿下も好まれた、あ志゛ゃら餅。有名老舗和菓子店の店主も、「ゆべしとも違う独特の食感を持った他にはまねのできない商品だ!」と絶賛したあ志゛ゃら餅。その製法は今でも欣江さんによって守られています。

今は民宿も閉店し、あ志 ゛ゃら餅も直営店舗などはありません。販路を拡大せずに、地元までわざわざ買いに来てくれるお客様を大切にしてきた、知る人ぞ知る名菓です。
「製造から包装、配達までを一人でこなすのは、歳だから大変なのよ!」と語る欣江さんは、まだまだ元気いっぱいです。「注文があったらすぐに届けたいし、待ってくれているお客様がいると思うと張合いも出るからね、まだまだ頑張りたい」欣江さんは素敵な笑顔でそう話します。

お問い合わせ先

佐々木桂月堂

住所青森県南津軽郡大鰐町大字虹貝字清川113-254 Google マップで見る
TEL0172-47-6751
創業明治40年

青森県 大鰐町はふらっと ふるさとに参加しております。
お店や商品情報を掲載したい方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

運営会社セブンネット株式会社

TEL:03-5338-7727受付時間 10:00~18:00(土日祝定休)